偽物/危険/詐欺?口コミ?評判?韓国コスメの人気成分知識情報「ソウルホリック」

きれいな素肌のためのスキンケア美容成分情報

  • サイト上でよく出てくる成分でありながら、説明が少なく分かりにくい成分を集めました。ご参考頂けましたら幸いです。

主要美容成分

コラーゲン

コラーゲンは、私たちの体に存在するタンパク質の一つです。肌の土台である真皮にも70%を占める大切な成分で、肌のハリや弾力の維持を助けます。年齢と共に量も質も減少し、弾力を失った肌はシワやたるみが出来てしまいます。肌に浸透しにくいコラーゲンですが、化粧品メーカーの研究と技術で浸透しやすく開発されています。

セラミド

ビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすいため、安定型ビタミンC誘導体にすることで、吸収率を向上させた成分がビタミンC誘導体です。メラニンを発生させるチロシナーゼという酵素の活性を抑える働きがあり、シミやそばかすの予防を助けます。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすいため、安定型ビタミンC誘導体にすることで、吸収率を向上させた成分がビタミンC誘導体です。メラニンを発生させるチロシナーゼという酵素の活性を抑える働きがあり、シミやそばかすの予防を助けます。過剰皮脂を整えたり、コラーゲンの生成を促す機能もあります。

グリセリン

『グリセリン』は、保湿効果が高いことで広く知られている成分です。化粧水やクリームなど、多くの化粧品に配合されています。薬局で簡単に購入できるので、オリジナルの化粧品をつくることが可能です。ただし雑菌が繁殖しやすいので、必ず手や容器は清潔にし、つくる量は少しにして、すぐに使い切るようにしましょう。

スクワラン、植物性スクワラン

べたつかないのが特徴の液状オイルべたつきが少なく、保湿力のある成分で、乾燥による肌荒れに効果を発揮します。もともとはサメの肝油から採取していましたが、植物油からも作られていて、近年は植物性スクワランが多く使用されています。化粧品だけでなく、医薬品の軟膏や座薬にも用いられています。

アミノ酸

ヒトがもともと持っている肌の天然保湿成分。『アミノ酸』は、タンパク質の構成成分ですが、ヒトの肌ではもともと持っている「天然保湿因子」の主要成分です。角層層の水分保持に重要な役割を担っています。一般的に『アミノ酸』が主要成分の「天然保湿因子」の量が少ないほど、水分が失われてカサつきやひび割れの原因となります。資生堂の研究によって、「天然保湿因子」が作られる複雑なメカニズムが解明されています

ヒアルロン酸

ムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質で、肌では神秘に存在します。ヒアルロン酸は水分を含む力が非常に強く、たくさんあるほど肌はみずみずしく、最も多くあるのは赤ちゃんの肌です。年齢とともにヒアルロン酸は減っていくため、真皮の水分も減少し、弾力低下などをもたらします。

アルブチン

アルブチンはコケモモなどに含まれている 天然フェノール性配糖体です。 美白化粧品多く使用されており、メラニンを生成するチロシナーゼの葉活動を抑制し、シミ・ソバカスの予防を助けます。ビタミンCと一緒に使用することで相乗効果があると言われています。

パンテノール

パンテノールは水溶性のビタミンでビタミンB群のひとつです。パンテノールは肌に浸透しやすく、肌荒れや小じわ、日焼け止め作用もあり、さらに肌細胞の活性化や肌の弾力、保湿効果があります。

ナイアシン

ナイアシンは、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称でビタミンB3とも呼ばれます。水溶性ビタミンのビタミンB複合体の一つで熱に強く、血行をよくしたり、肌荒れを改善する効果があります。 メラニン生成を抑える効果もあり、シミ・そばかすを防ぎます。

アデノシン

アデノシンは生体内薬用成分の一種で、髪の毛の成長を助けたり、血行促進効果を与えます。皮膚細胞の活動を盛んにすることで肌のターンオーバーを正常に導き、ツヤと弾力のある状態へとケアします。

エラスチン

エラスチンはコラーゲンを支える繊維で、肌の伸縮性を作り出し、ゴムのように収縮する性質を持っているため、弾性線維とも呼ばれています。エラスチンが不足するとコラーゲンを支えることができなくなり、肌の弾力の低下、シワやたるみの原因に繋がる原因となります。

注目成分

レチノール

シワや肌荒れを改善する、エイジングケア成分の王様。『純粋レチノール』の別名は「ビタミンA」。エイジングケアの分野で注目されてきた成分です。肌のヒアルロン酸や水分量を増やし、肌を柔軟にする働きによって、肌荒れを防ぎながらハリとしなやかさをもたらします。 2017年2月には、レチノールがシワを改善するという新たな効果が厚生労働省から承認されました。なお、レチノール誘導体と区別するため、資生堂では『レチノール』を『純粋レチノール』と表記しています。

コエンザイムQ10

生きるために必要なエネルギーを創り出すと同時に、酸化から体を守ってくれる、攻めと守りを兼ね備えた成分。『コエンザイムQ10』は、強い抗酸化作用とエネルギー産生作用を併せ持った成分です。もともと体内にあり、生きていくうえで必要不可欠な存在なのですが、年齢とともに減少してしまいますので、摂取して補うことが有効です。医療用・一般用医薬品として使用されていますが、安全性が高いことから、食品や化粧品にも使用されています。摂取することで皮膚に到達し、作用を発揮することが確認されています。

EGF 上皮成長因子

EGF(上皮成長因子)は人の体内で53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。肌のターンオーバーを活発にし、細胞を再生する働きを持つことから、アンチエイジングへの効果も認められています。

プロポリス

プロポリスは、ミツバチが木の芽や樹液、その他の植物源から集めた樹脂製混合物です。ミツバチが樹脂に蜜ロウや唾液などの自らの分泌物を混合して生成し、天然の抗生物質とも呼ばれ、肌のターンオーバーを促進し若々しい肌を保つ効果があります。シミやそばかすの発生を抑え、抗菌効果、炎症を抑える効果を持つため、ニキビ予防にも効果があります。

AHA

AHAはアルファヒドロキシ酸の略で、フルーツやサトウキビ、発酵乳などから抽出される酸の総称です。角質を柔らかくさせる効果や、除去する効果があるため、ピーリング剤としても使用されます。又、肌内部のコラーゲン生成力を助け保湿力を高める効果もあります。

危険性もある?避けたい成分

界面活性剤

『界面活性剤』は、乳液、クリームや洗浄料など多くの化粧品から食品にまで幅広く活用されています。化粧品の基本成分である「油性成分」と「水性成分」は本来互いに混ざらない性質を持っていますが、『界面活性剤』がこの間を取り持って混ぜ合わせることができます。洗浄料では、油汚れになじみ、水とともに洗い流すのに役立っています。

パラベン

パラベンは 『パラヒドロキシ安息香酸エステル(別名:パラオキシ安息香酸エステル)』という防腐剤 の一種です。メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンなどがあり、化粧品、食品、医薬品などで、微生物による汚染を防ぐ防腐剤として、100年以上前から広く使われている成分です。人体に対する毒性が低く、微生物、特にカビや酵母に対して効果的がありますが、肌への塗布や摂取によって、皮膚炎や湿疹などのアレルギー反応を起こす可能性もあります。ただ、 化粧品、食品、医薬品などのパラベン使用量に制限が設けられており、厳しい基準を持って製品の安全性が守られています。



(準備中)・・・


  • 肌老化の悩みをケアしハリとツヤのあるお肌へと導くリンクルクリーム
  • 弾力のあるモチ肌の秘訣!洗顔後即刻弾力&保湿ケア弾力・保湿スターター
  • 潤いのある透明肌の秘訣!洗顔後即刻水分&保湿ケア水分スターター
  • 透明な肌の秘訣!洗顔後即刻美白&保湿ケア美白・保湿スターター
  • ハリと活力のあるお肌へと導く、高濃縮パワー10エッセンス
  • 肌老化の悩みをケアしハリとツヤのあるお肌へと導くフォームクレンザー
  • 健康的なお肌へと導くセラミド配合高水分のディープエッセンス
  • 深層保湿効果で肌の奥まで水分を与える保湿ソフナー
  • 無界面活性剤肌本来の力を養うバリア機能強化マスク
  • 粒子が小さいスーパーコラーゲンクリーム
  • 肌老化の悩みをケアしハリとツヤのあるお肌へと導くシートマスク
  • しっとりしたお肌へと導く水分持続スキン
  • 豊富な水分感を与えるエッセンス
  • 保湿効果を与える水分乳液
  • 肌老化の悩みをケアしハリとツヤのあるお肌へと導くリンクルフィラー
  • 肌老化の悩みをケアしハリとツヤのあるお肌へと導くリンクルエッセンス
  • 目元ケアを助ける水分持続力強化アイクリーム
  • つっぱらずきれいなクレンジングを助ける洗顔料
  • しっとり潤いとハリのあるお肌へと導く水分持続睡眠パック
  • 肌老化の悩みをケアしハリとツヤのあるお肌へと導くエマルジョン
  • 肌老化の悩みをケアしハリとツヤのあるお肌へと導くトナー
  • TOP▲